2018/04/01

[Members] Members (2018/04) / グループメンバー(2018/04現在)

Group members in 2018fy has  been updated!
2018年のメンバーを更新しました。ひきつづき、よろしくお願いします!

Sakura-lunch party. 4 members were absent / お花見昼食会より. 後4人、当日不在でした。



2018/02/19

プルシアンブルー型錯体のナノ粒子を活用した放射性Cs汚染焼却灰処理(in Japanese)

私たちが開発してきた放射性セシウムを含有する焼却灰の処理方法についてまとめた文書を公開いたします。PDF版はこちらからダウンロードしてください。

The review document for a treatment technology for radioactive-Cs contaminated ash has been released. Sorry now only in Japanese. English version will be publish elsewhere.

----

プルシアンブルー型錯体のナノ粒子を活用した放射性Cs汚染焼却灰処理
産業技術総合研究所 材料化学領域 ナノ材料研究部門
川本徹[*]、髙橋顕、Durga Parajuli、南公隆、田中寿



放射性セシウムを含有する焼却灰の減容化に関し、セシウム吸着材を活用し、開発した技術を紹介する。そのコア技術は、プルシアンブルー型錯体ナノ粒子の高いセシウムイオン吸着能を利用した吸着材である。その技術は、放射性セシウムを再飛散させない焼却方法、焼却灰から効率的に放射性セシウムを抽出する方法、抽出したセシウムを吸着材により回収する方法、使用後の吸着材を安定的に管理する方法からなる。また、本技術を活用した場合のコスト低減効果についても紹介する。



2018/02/17

npfdグループの研究内容


 ナノ粒子機能設計グループはナノ粒子・ナノ構造をベースに、人が扱うスケールまでを一貫して設計し、構築する「ナノシステム」による、環境・エネルギー問題の解決への貢献を目指して います。特に、プルシアンブルーをはじめとする、多孔性配位高分子の構造を制御、それぞれの用途に対して最適化することで、アンモニアや放射性セシウムの吸着剤、色変化素子などの研究開発を進めています。

1. 多孔性配位高分子のマルチスケール構造制御
  様々な開発の基盤となるのが、材料設計です。私たちは、原子スケールの構造制御により発現する材料の持つ「真の力」を、人間が「メートルスケール」で活用できるように、ナノメートル、マイクロメートル、ミリメートル、メートルという様々なスケールで材料・部材・素子・装置を設計、開発していきます。

マルチスケール構造制御による実用化:放射性セシウム除染の例

Researches of npfd group


The aim of Nanoparticles Functional Design Group is to make a contribution on the solution of various environmental or energy issues with "nanosystem" established by multi-scale design and development based on the nanoparticles and nanomaterials. Our core materials are porous coordination polymers such as Prussian blue analogues and metal organic frameworks. Our R&D is proceeded for adsorbents of molecules/ions and color-switchable devices with the structural optimization for each target application.

1. Multi-scale structural optimization  of porous coordination polymers.
 The core technology of our group is design and development of the materials. Materials, components, modules, devices, and systems are designed and developed concurrently in nanometer, micro-meter, milli-meter, and also meter scale. Our final goal is to utilize the "true performance" of the materials at the scale of human being, with a connection among different scales.


Concept of the multi-scale design from atomic to human being:
In the case of Cs-decontamination technology for example. 

2018/01/01

[Paper] Publication List 2018/ 論文リスト(2018)

Publication list  concerning Nanoparticle  functional design group, Nanomaterials RI and Green technology research group, Nanosystem RI (former organization).
The list for each researchers is found in the link from Members.

ナノ材料研究部門ナノ粒子機能設計グループと、前身のナノシステム研究部門グリーンテクノロジー研究グループが関係した学術論文のリストです。個々の研究者の論文リストはMembersに記載のリンクでご確認ください。

2018 / 2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010

[2018]
4. 
Trace Alcohol Adsorption by Metal Hexacyanocobaltate Nanoparticles and the Adsorption Mechanism,
Miyuki Asai, Akira Takahashi, Yong Jiang, Manabu Ishizaki, Masato Kurihara, and Tohru Kawamoto,
Journal of Physical Chemistry C, 2018, Just accepted (May. 16, 2018)

3. 
High contrast gasochromism of wet processable thin film with chromic and catalytic nanoparticles,
Chih-Wei Hu,  Yasusei Yamada,  Kazuki Yoshimura,  Akira Takahashi,  Hiroshi Watanabe,  Kazuki Tajima  and  Tohru Kawamoto,
Journal of Material Chemistry C, 2018, 6, pp4760-4764 (Apr. 16, 2018)
2.
Multilayered Electrochromic Films of Metal Hexacyanoferrates Nanoparticles,
Hisashi Tanaka, Hiroshi Watanabe, Masato Kurihara, and Tohru Kawamoto,
International Journal of Electrochemical Science, 2018, 13,pp4243-4250 (Apr. 10, 2018)
DOI: 10.20964/2018.05.78

1.
Highly Sensitive and Exceptionally Wide Dynamic Range Detection of Ammonia Gas by Indium Hexacyanoferrate Nanoparticles Using FTIR Spectroscopy,
Supone Manakasettharn, Akira Takahashi, Tohru Kawamoto, Keiko Noda, Yutaka Sugiyama, and Tohru Nakamura,
Analytical Chemistry, 2018, 90 (7), pp4856–4862 (Mar. 20, 2018)

2017/12/18

[News] JNST Most Popular Article Award 2016

We were awarded "JNST Most popular article award 2016" , from Atomic Energy Society in Japan.  This award indicates our paper in one of the most-read articles published on Journal of Nuclear Science and Technology in 2015. We are very grad that our research attracted many researchers!

JNST Most popular article award 2016なる賞を日本原子力学会からいただきました!この賞は、日本原子力学会の欧文誌 Journal of Nuclear Science and Technologyに2015年に掲載された論文の中で、最も読まれた論文の一つである、ということだそうです。ご注目いただいたようでうれしい限りです!

2017/12/16

[Event]Labo-tour for Bulgarian Ambassador / 駐日ブルガリア大使の訪問

On Dec. 14, 2017, the Bulgarian Ambassador to Japan and suite visited AIST. They came to npfd group in laboratory tour. We introduced our color switchable glasse. 

12月14日に駐日ブルガリア大使が産総研を訪問し、ラボツアーの中で当グループにお越しになりました。こちらでは、色の変わるガラスを紹介しました。

Dr. Tajima and Dr. Tanaka introduce our technology to the ambassador /
田嶌さんと田中さんが技術紹介をしました

2017/11/13

[Event]Tsukuba Univ Autumn Festa / 筑波大雙峰祭

Dr. Takahashi made a presentation for odor adsorbent in Tsukuba Univ. Autumn Festa on Nov. 4. The mayor of Tsukuba city also visited our booth!

筑波大学の学園祭である雙峰祭で高橋さんが悪臭吸着剤の発表をしました。つくば市長もお越しいただいたとのこと。ありがとうございました!


2017/09/15

[News] Front cover of J. Mater. Chem. C / 英国王立化学会誌の表紙に!

Our paper was adopted as the front cover of Journal of Materials Chemistry C, by Royal Society of Chemistry, RSC! In the research, we realized brown-colorless color change by electricity with mixing the red and blue color-switchable materials as the preparation of the new color in paint. The illustration was prepared by the administration staff in AIST. Thank you!

当グループの論文が英国王立化学会(Royal Society of Chemistry,RSC)の学術誌、Journal of Material Chemistry Cの表紙に採用されました!この研究は、二種類の赤と青の材料を混ぜて、茶色ー透明で色の変えられるガラスを作った、という話です。窓ガラスやサングラスなどへの応用を期待しています。絵は産総研の事務の絵心のある方に描いていただきました。ありがとうございます!

Reproduced with permission from The Royal Society of Chemistry.

Related info:
Cobalt hexacyanoferrate nanoparticles for wet-processed brown–bleached electrochromic devices with hybridization of high-spin/low-spin phases,
Elghool Kholoud, Hiroshi Watanabe, Akira Takahashi, Mahmoud M. Emara,  Bashir A. Abd-El-Nabey,  Masato Kurihara, Kazuki Tajima,  Tohru Kawamoto,
Journal of Materials Chemistry C,  2017, 5, pp8921-8926 (16/07/2017)
DOI:10.1039/C7TC02576A

2017/09/11

[Events] NANOTEC-NMRI meeting / タイナノテク-産総研ナノ材料研究部門会議

NANOTEC-NMRI meeting was held on Sept. 6, before "Joint-research meeting on nanomaterials and nanocomposites" on Sept. 7. It was closed meeting to discuss for the future plan of the collaborations between Thai-NANOTEC and Nanomaterials Research Institute (NMRI), AIST. Dr. Takahashi made a presentation for our ammonia adsorbent.

タイ―日本ナノ材料・ナノ複合体研究会議に先駆けて、タイナノテク-産総研ナノ材料研究部門会議が9/6に開催されました。こちらはクローズな会議で、今後の連携について議論しました。高橋研究員がアンモニア吸着材について発表しました。

Presentation by Dr. Takahashi / 高橋研究員による発表
Participants of NANOTEC(Thailand)-AIST(Japan) meeting 
/ タイNANOTEC-産総研ナノ材料研究部門会議の参加者