2019/02/01

[Gallery] Performance of our NH3 adsorbent / アンモニア吸着材の力!

To find the excellent performance of our NH3 adsorbent, the video is prepared. You can see the complete removal of NH3 odor from the difference of the testers' behavior.  Sorry the captions are in Japanese, but you would understand from their expression.

私たちのアンモニア吸着材の力をご理解いただくための動画を準備しました。テストしてもらった方々の表情から、アンモニア悪臭がどれほどで、それがどれだけきれいに除去できるかがわかるかと思います。

2019/01/30

[News] TV show / テレビ放映

Our ammonia adsorbent was introduced in Japanese TV show, Business World Satellite, TV Tokyo!

当グループのアンモニア吸着材がテレビ東京のワールドビジネスサテライトの「トレンドたまご」のコーナーで紹介されました!
https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/


[Event] nano tech 2019 start! / ナノテク展始まりました!

nano tech 2019 exhibition has started at Tokyo Big Sight! You can find NH3/NH4+ adsorbent. Please visit!

ナノテク展、東京ビッグサイトにて始まりました。アンモニア/アンモニウムイオン吸着材、実物を見ていただけます。もしよろしければお越しください。


[News] 6th rank in Yomiuri Newspaper / 読売新聞で記事ランク6位!

The news of our press release for ammonia adsorbent are ranked 6th in the all articles in Yomiuri newspaper HP, the largest paper in Japan! The 3rd ranked articles is about Asian cup of football. Can we go beyond Samurai blue?
https://www.yomiuri.co.jp/science/20190128-OYT1T50098.html (in Japanese)

私たちのアンモニア吸着材の記事が読売新聞に掲載!現在、全記事の中で6位にランクされてます!ちなみに3位はサッカー日本代表の決勝の相手がカタールに決まったとの記事。サムライブルーを超えられるか!?
読売新聞サイト

2019/01/25

[Event] nano tech 2019 / ナノテク展

We exhibit our NH3 adsorbent and the system at nano tech 2019 (Jan 30-Feb 1, Tokyo Big Sight).
Adsorbent for gaseous ammonia and ammonium cation in wastewater will be displayed.

HP of nano tech 2019
Press Release about gaseous ammonia adsorbent

東京ビッグサイトで1/30-2/1に開催されるナノテク展にて、展示を行います。大気中アンモニアと、汚水中のアンモニウムイオンを除去することができます。
ぜひお越しください!

ナノテク展HP
関連プレス発表(大気中アンモニアの除去)

Ammonia removal system will be displayed / 展示予定のアンモニア除去装置


[Press] Recyclable ammonia adsorbent / 再生可能なアンモニア吸着材

On Jan 23, Dr. Takahashi and colleagues released new achievement, recyclable ammonia adsorbent. With the adsorbent, we succeeded in decreasing ammonia concentration in a pig farm. 
The achievement will be exhibited in nano tech 2019 (Jan 30-Feb 1, Tokyo)

Press release from AIST (in Japanese)

髙橋顕主任研究員が中心となり、1月23日にプレス発表を行いました。再生可能なアンモニア吸着材を開発し、実際に豚舎内のアンモニア濃度を下げることに成功しました!
成果は2019/1/30-2/1に開催されるナノテク展でも展示します。


With the crystal structure model of ammonia adsorbent / 吸着材の結晶構造模型と一緒にポーズ

2019/01/01

[Paper] Publication List 2019/ 論文リスト(2019)

Publication list  concerning Nanoparticle  functional design group, Nanomaterials RI and Green technology research group, Nanosystem RI (former organization).
The list for each researchers is found in the link from Members.

ナノ材料研究部門ナノ粒子機能設計グループと、前身のナノシステム研究部門グリーンテクノロジー研究グループが関係した学術論文のリストです。個々の研究者の論文リストはMembersに記載のリンクでご確認ください。

20192018 / 2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010

[2019]
1.
Interpretation of the Role of Composition on the Inclusion Efficiency of the Monovalent Cations onto Cobalt Hexacyanoferrate,
Nan Zhang, Tohru Kawamoto, Yong Jiang, Akira Takahashi, Manabu Ishizaki, Miyuki Asai, Masato Kurihara, Zhenya Zhang, Zhongfang Lei, Durga Parajuli,
Chemistry A European Journal, 2019, in press (Feb. 7, 2019)
DOI: 10.1016/10.1002/chem.201900097

2.
Thermoelectric gas sensors with selective combustion catalysts,
Woosuck Shin, Kazuki Tajima, Noriya Izu, Toshio Itoh, Ichiro Matsubara, Norimitsu Murayama, Maiko Nishibori, Tomoyo Goto,
Journal of the Ceramic Society of Japan, 2019, 127, 57-66 (Feb. 1,2019)
DOI: 10.1016/10.2109/jcersj2.18098

3.

Pre-enrichment of radioactive cesium in muddy water separated into suspended and dissolved substances for trace analysis,
Kimitaka Minami, Takayuki Funabashi, Kazuyuki Honda, Akira Takahashi, Koji Sakurai Ramon Kanai. Kazuto Uemura, Ryuichi Kamimura, Tohru Kawamoto,
Water Research, 2019, 154, 28-33 (Jan. 31,2019)

2018/12/26

日刊工業新聞に掲載! / Released on a newspaper

Our ammonia adsorbent has been appeared in a news paper!
Article Link(in Japanese, till Oct 2019)

我々のアンモニア吸着材が日刊工業新聞に掲載されました!
(5/31掲載なので、少し古いですが。。)
記事へのリンク (2019年10月まで掲載)

参考情報
プレス発表(2016年5月)
学術論文 (米国化学会誌/ J. Am. Chem. Soc.)

2018/12/15

[Patent] ammonia adsorbent / アンモニア吸着材

Inventor: Akira Takahashi/髙橋顕, Tohru Kawamoto/川本徹, Durga Parajuli, Hisashi Tanaka/田中寿, Yutaka Sugiyama/杉山泰, Yukiya Hakuta/伯田幸也

US/米国 : US20170096348A1 (google patent)
JP/日本 : JP6345774B2  (google patent)
CN/中国 : CN106470758A  (google patent)

Related articles/ 関連情報:
Journal articles/学術論文 : J. Am. Chem. Soc., ChemComm, Anal. Chem., J. Solid State Chem.
Award /受賞: nanotech 2017 Project award(Life Nanotechnology)/ナノテク展2017 プロジェクト賞(ライフナノテクノロジー)
Press release /プレス発表: the highest NH3 capacity among porous materials/青色顔料が高性能アンモニア吸着材であることを発見



2018/12/02

[Press] プレス発表とメディア露出

[プレス発表]

  1. 簡単に再生できる粒状吸着材で豚舎や堆肥化施設の空気をキレイに(2019/01/23) 概要 詳細(産総研HP)
  2. 溜め池底の泥の放射能汚染をスマホから操作して測定できる装置 (2018/03/19) 詳細(産総研HP)
  3. 生体への影響が懸念されるフッ素系ガスにのみ応答する検知技術を開発 (2016/09/02) 詳細(産総研HP) 
  4. 青色顔料が高性能アンモニア吸着材であることを発見 (2016/05/10) 概要 詳細(産総研HP) 関連論文
  5. 海水中の低濃度放射性セシウムを迅速にモニタリング(2016/02/05) 概要 詳細(産総研HP) 関連論文
  6. 水中の放射性セシウムを素早くモニタリング(2014/04/07)  詳細(産総研HP) 関連論文
  7. 植物系放射性セシウム汚染物の焼却灰を除染する技術を実証(2013/11/20) 詳細(産総研HP) 関連論文1 2 3
  8. 農業用水用の低濃度放射性セシウム分析方法の開発 (2013/07/09) 概要 詳細(農水省HP) 
  9. 量産容易な印刷技術によるプルシアンブルー色可変素子の製造 (2012/11/20) 概要 詳細(産総研HP) 関連論文
  10. 植物系放射性セシウム汚染物を除染・減容するための実証試験プラント(2012/11/12) 概要 詳細(産総研HP) 
  11. 水中の低濃度の溶存態放射性セシウムを簡易・迅速に測定 (2012/09/05) 概要 詳細(産総研HP) 関連論文
  12. ナノ粒子化したプルシアンブルーでセシウム吸着能が向上 (2012/02/08) 概要 詳細(産総研HP) 
  13. 土壌中のセシウムを低濃度の酸で抽出することに成功(2011/08/31) 概要 詳細(産総研HP) 関連論文 1 2
  14. プルシアンブルーを利用して多様な形態のセシウム吸着材を開発 (2011/08/24) 概要 詳細(産総研HP) 関連論文 1 2
  15. 微細金属配線の印刷によりエレクトロクロミック素子の性能を向上 (2011/02/15) 概要 詳細(産総研HP) 
  16. わずか4ユニット(8個の有機分子)からなる超伝導分子構造体 (2010/07/20) 詳細(産総研HP) 
  17. ゲル電解質を用いたナノ粒子調光ガラス(2010/03/26) 概要 詳細(産総研HP) 
  18. 北斎も使った顔料をナノ粒子化し、調光ガラスを作製(2007/08/08) 概要 詳細(産総研HP) 関連論文 1 2 3 4


[メディア露出]
2019
  1. アンモニア吸着 既存材の5~100倍 新素材 産総研など開発(朝日新聞,2019/4/9)
  2. アンモニア吸着材 (中日新聞, 2019/3/12)
  3. アンモニア吸着材 活性炭の5~100倍も(東京新聞,2019/3/11)
  4. 豚舎や堆肥化施設のアンモニア効率除去(科学新聞,2019/2/8)
  5. 何度でも使える! 悪臭を退治する吸着剤(テレ東プラス,2019/2/6)
  6. 堆肥化施設で悪臭除去 産総研など効果実証(日刊工業新聞, 2019/2/5)
  7. 小さな粒で悪臭退治 (テレビ東京ワールドビジネスサテライト,2019/1/30)
  8. 青色顔料で協力脱臭剤 放射性物質除去研究を転用(読売新聞, 2019/1/29)
  9. アンモニア効率除去装置 豚舎で効果確認(日本経済新聞, 2019/01/25)
  10. アンモニア、効率除去 関東化学と吸着装置 (日経産業新聞,2019/01/25)
  11. アンモニア臭 有効除去 粒状吸着剤と装置開発 (茨城新聞, 2018/01/24)
  12. PBでアンモニア吸着体 畜産施設向け開発(化学工業日報, 2019/01/24)
  13. 畜舎の臭気除去 低コスト装置開発 (日本農業新聞, 2019/01/24)
2018
  1. 『魅惑のプルシアンブルーに秘められた「未来を変えるチカラ」ー驚異のアンモニア吸着力で低窒素社会へ』(ブルーバックス(講談社)、2018/12/02)
  2. 「アンモニア吸着材技術ー窒素循環技術で再利用」(日刊工業新聞, 2018/05/11)
  3. Cs測定、約10分に ため池向けの装置を開発(電気新聞,2018/05/07)
  4. スマホ操作で放射能測定 ため池泥汚染向け(日刊工業新聞, 2018/03/28)
  5. ため池除染へ新装置 放射性物質濃度スマホで測定(福島民友,2018/03/20)
2017
  1. 放射性セシウムのモニタリング装置 短時間で環境水から回収(日刊工業新聞,2017/08/24)
2016
  1. ガス漏洩 正確に検知 フッ素系、半導体工場向け(日経産業新聞,2016/9/16)
  2. 「脱臭絵画」や「脱臭カーテン」も登場? 青色顔料にアンモニア吸着効果(産経新聞, 2016/06/21)
  3. 産総研、青色顔料がアンモニアを効率良く吸着することを発見(日刊工業新聞, 2016/05/23)
  4. 産総研・東大が共同で成果 青色顔料に高いアンモニア吸着能(科学新聞,  2016/05/20)
  5. プルシアンブルー アンモニア効率吸着 産業技術総合研究所が発見、実用めざす(化学工業日報, 2016/05/13)
  6. 青色顔料のプルシアンブルーに高いアンモニア吸着能(日経PBnet, 2016/05/12)
  7. 青色顔料が高性能アンモニア吸着材であることを発見(スマートジャパン, 2016/05/10
2015
  1. PBをトータル提案 (化学工業日報, 2015/07/28)
2014
  1. 水中の放射性セシウム濃度を短時間で測定 (つくばサイエンスニュース, 2014/04/23)
  2. 水中のセシウム計測 前処理を大幅短縮 (建設通信新聞, 2014/04/14)
  3. 水中のセシウムを素早く (原子力産業新聞, 2014/04/09)
  4. 水中のセシウム濃度測定 前処理8分に短縮 (日刊工業新聞, 2014/04/09)
  5. 水中のセシウムを素早く計測できる新技術 (環境ビジネスオンライン, 2014/04/09)
  6. 日本バイリーンと産総研 (日本経済新聞, 2014/04/08)
  7. セシウム計測 時間短縮 (電気新聞, 2014/04/08)
  8. 水中セシウム濃度 測定時間大幅短縮 (福島民友, 2014/04/08)
  9. 水中の放射性セシウムを素早くモニタリング (日経バイオテクオンライン, 2014/04/08)
  10. 水中のセシウム濃度 測定時間を大幅削減 (東奥日報, 2014/04/08)
2013
  1. ナノ粒子吸着剤でセシウム吸収 (原子力産業新聞, 2013/12/12)
  2. 関東化学 セシウム吸着剤を量産 (化学工業日報, 2013/11/27)
  3. 関東化学 プルシアンブルー 放射性セシウム吸着剤向け 成形品の量産体制確立 電子デバイス材料も開発(化学工業日報, 2013/11/26)
  4. 樹木に付着のセシウム 焼却灰から90%回収 (日刊工業新聞, 2013/11/26)
  5. セシウム、6~9割除去 植物減容化の結果発表 (福島民友, 2013/11/24)
  6. 産総研、植物系放射性セシウム汚染物の焼却灰除染で、汚染物の重量を50分の1から100分の1に低減(インターネットコム, 2013/11/23)
  7. 植物系放射性セシウム汚染物の焼却灰を除染する技術を実証 (J-Net21, 2013/11/22)
  8. 植物系放射性汚染物の焼却灰 独自吸着剤で除染 (化学工業日報, 2013/11/21)
  9. 福島でプラント実証 焼却灰 水に抽出し除染 (電気新聞, 2013/11/21) 
  10. 産業技術総合研究所ら実証試験 焼却灰セシウムを60-90%除去 (建設通信新聞, 2013/11/21) 
  11. 産総研 植物系放射線汚染物の焼却灰 独自吸着剤で除染(化学工業日報, 2013/11/21) 
  12. セシウム除去に絵の具原料 産総研 (朝日新聞(WEB), 2013/11/21) 
  13. 産総研の焼却灰セシウム除去試験 プルシアンブルー高い効果 (福島民報, 2013/11/21)
  14. 産業技術総合研究所、植物系放射性セシウム汚染物の焼却灰を除染する技術を実証 (日経バイオテクオンライン, 2013/11/21) 
  15. 産総研、植物系の焼却灰を除染する新技術を開発 除染の加速に期待 (環境ビジネスオンライン, 2013/11/21)
  16. 産総研、植物系放射性セシウム汚染物の焼却灰を除染する技術を実証(日経プレスリリース, 2013/11/20) 
  17. 農水省ほか セシウム汚染防止の成果発表 簡便な回収ロボットなど(原子力産業新聞, 2013/07/18)
  18. 農水省 放射性物質 農産物への移行 低減対策で成果 土壌要因の解明や籾すり機の洗浄法など(化学工業日報, 2013/7/11)
  19. 関東化学株式会社、放射性セシウム吸着剤「プルシアンブルーナノ粒子」 超微粒子化で高効率吸着 量産化進めコスト競争力(化学工業日報, 2013/07/04)
  20. フタムラ化学株式会社、プルシアンブルー担持活性炭/放射性ストロンチウム除去剤 (化学工業日報, 2013/07/04)
  21. 注目されるセシウム技術 (化学経済 4, 2013/04/01) 
  22. 水中のセシウム効率測定 日本バイリーン (日刊工業新聞, 2013/03/11) 
  23. プルシアンブルーに最高の除染能力 (サイエンスポータル (WEB), 2013/03/05) 
  24. 日本バイリーン 電導性多孔シート開発 セシウム吸着用不織布も(化学工業日報, 2013/01/29)